終戦記念日





昨日は終戦記念日


今、こうして


寝るところがあって

ご飯が食べれて

着る物があって


当たり前のように思うことが

どれだけ素晴らしく幸せなことか


改めて感謝します



戦争をしているときは


家があっても空爆に怯え

食材もなかなか手に入らず

寝ていても安心して寝ることはできない



そんな中でも幸せを感じ

協力し合って

毎日を過ごしていたご先祖様



私も小さな幸せに目を向け

今自分に出来ること、人のお役に立てることを考えていきます







何回観たかな


最後の終戦をアナウンスされた時の場面が

衝撃的でした


戦争が終わったらホッとするのかと思ったのですが

すずは

なんで!なんで!もっと戦え!と怒るのです。


その時にハッとさせられました

自分の浅はかな考えに

涙が止まりませんでした



実際経験していない私には想像でしか

その方達の想いがわからない



もっともっとセンシティブな問題なんだと

気付かされました




私の主人の父方の祖父母は長崎県の出身で

被爆者手帳を持っています



主人のお父様は数年前にお亡くなりになり

(私は一度もお会いすることは叶いませんでした)



そして義母も長崎県出身で

彼女のご両親、御兄妹も皆お亡くなりに

なられていると聞きました




とても原爆とは関係ないとは思えない




こうしてずっとずっと原爆の呪縛から

逃れられない人もいる



主人も? 娘も?

と思わずにはいられません



出来るだけ家族にはアーユルレイキをしていかなくてはと昨日改めて魂に誓いました



ご先祖様が作ってくださったこの世界


私達は壊そうとしてませんか?


隣の人に優しく接することが出来てますか?


自然と仲良くできてますか?




私達に出来ること

出来ることから少しずつ始めてくださいね



私はもっともっと沢山の人が

健康で豊かな心をもてるよう

アーユルレイキを広めていきます




















閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示